合計254人に豪華賞品が当たる!詳しくはこちら
GAORA SPORTS大感謝祭 1.6〜2.13開催!

番組審議会記録

第55回GAORA番組審議会記録

第55回番組審議会が12月16日(金)に開かれました。審議会には、種子田委員長をはじめ6人の委員が出席。会社からは、7人が出席しました。この日は、10月22日(土)15:00~16:00 に放送しました「ギボン 日本オープンスラックライン選手権大会2016」について審議を行い、委員の皆様から次のようなご意見をいただきました。

番組審議

<審議番組>

「ギボン 日本オープンスラックライン選手権大会2016」

放送日時:2016年10月22日(土)15:00~16:00

<番組概要>

ベルト状のラインの張力を利用しジャンプや宙返りなどアクロバティックな「トリック」で観客を魅了する「スラックライン」。このスラックラインの日本一を決める大会「ギボン日本オープンスラックラン選手権大会2016」の模様を放送。起源は「クライマー達の休息日の遊び」といわれているスラックライン。長期滞在する登山前のキャンプ地で使い古したロープやクライミングギアを使って楽しんでいました。老若男女誰でも楽しくバランス感覚やインナーマッスルを鍛える事ができるスポーツとして、今では世界中200万人が楽しんでいると言われ、ヨーロッパ、北米、南米で盛んに行われており、大規模な大会としてはドイツで2010年からワールドカップが開催。2013年には大杉選手が優勝しています。米国では「X-GAMES」の種目として採用され、2016年夏には木下晴稀が優勝。日本人のレベルは世界の中でも上位に位置しています。

<審議意見>委員の主な意見は次の通り。

  • ・スラックラインを見て、ポストモダンであるサーフィンやスノボなど、自然と調和するスポーツに共通するものを感じた。また、ごく普通の女の子がジーパンをはいて競技をする姿に、日本のゴム飛びに似たような雰囲気を感じ、好感が持てた。今後、みんなができるスポーツとして発展する可能性を感じた。CSスポーツ専門チャンネルでこういったマイナースポーツを放送することは新しいスポーツの普及という面も含めて素晴らしいと思う。一方で、番組レポーターの女性の進行が下手で残念に思った。
  • ・初めてスラックラインを知ったが、ルールの説明がもっとほしかった。技の名前や、何を基準に得点が加算されているかの説明がなかったため、勝敗の理由が分からなかった。また、選手たちがスラックラインを始めた経緯や、スラックラインの世界の競技人口、行われている大会数などのスラックライン全体の説明がほしかった。
  • ・スラックラインの技は、トランポリンに似ていると感じた。同じ技を5cmの幅で行うため、相当な技術を要するのだと思う。選手たちは5cmの幅のスラックライン上でわずかに重心を変えながら、半回転などの空中技をしているのだと思うと、選手たちがどこを見て競技しているのか、選手目線の映像を見たいと感じた。次回はぜひ取り入れてもらいたい。
  • ・マイナースポーツを取り上げたことを、まず評価したい。スラックラインを見て、自分もしてみたくなった。一方で、どんな競技でも「見せ場」があると思うが、スラックラインはどこが一番のクライマックスだったのか全く分からなかった。
  • ・ルールが分からないと楽しめないスポーツと、ルールが分からなくても楽しめるスポーツがあるが、スラックラインは後者であり、GAORAは、とても良いスポーツに目を付けたと評価したい。ぜひ、今後大きく育ててほしい。競技会場が屋外のショッピングセンターで行われていたため、せっかくの緊張感が、ふらりと立ち寄った買い物客が映ることで薄れてしまい残念に思った。また、リポーターの女性が番組をダメにしていた。こういう人をそのまま出してしまうのはGAORAにとってもマイナスだと思う。
  • ・GAORAというメディアがどういう役割を果たしていくべきか考えた時、今回のスラックラインにおいては、スポーツ文化を広げ、スポーツと生活の距離を縮めていくという役割を果たしていると感じた。競技内容だけでなく、スラックラインに興味を持った人へのレッスン情報や、子供たちへの取り組み、女性のフィットネス活動など、番組内容も充実していて良かった。
  • ・スラックラインというスポーツについて、何をすれば加点で何をすれば減点になるのか理解できないまま決勝に至ってしまった。技の解説がないので、今行われている技がどれくらいの難易度かも分からず、ジャッジ方法も分からないので勝敗の差が理解できず、折角の競技に入り込めなかった。もう少し丁寧にルールや技の説明をしてもらいたかった。

GAORAでは、これらの貴重なご意見を、これからもより良い番組をお届けしていくために大いに活用させていただきます。

出席委員

種子田穣委員長、影山貴彦副委員、黒田勇委員、藤井純一委員、石井真人委員、森本志磨子委員

GAORA出席者

東社長、島津専務、横田常務、二瓶編成制作部長、山本編成制作部マネージャー、下川総務企画部長、田中事務局